気楽にEiGO! 〜脱・英語は難しいマインド〜

気楽にEiGO! 〜脱・英語は難しいマインド〜

英語を簡単に、自由自在に!!また英語以外にも、考え方や意識を変えるきっかけ、方法もお伝えしていきます。

《耳》と《年》の違い?

f:id:fjeigo:20190323221700j:plain

こんにちは。えふじぇーです。

 

今回のタイトル、

意味分かりませんよね。

 

「耳」と「年」なんて、

そもそも全く別の物だろう!

 

そうなのです。

全く違うのです。

 

ここで言う違いとは、

英単語の「耳」と「年」のことです。

 

「耳」は"ear"、

「年」は"year"、

というのはご存知かと思います。

 

これらを発音するとなると、

「耳」="ear"=イヤー(イアー?)

「年」="year"=イヤー

と教わることが多いかもしれません。

 

この二つ、

英語で発音するとなると、

実は全く違うのです。

 

「耳」のイヤーは"y"がついていますよね。

これがクセモノなのです。

なぜなら、日本語にない発音だからです。

 

この「イ」の発音は、

"yi"に当たります。

ya=や

yi=?

yu=ゆ

ye=?

yo=よ

 

※ "ye"も日本語にはないのですが、

これは、

「イェーイ!」

と言っている、

最初の「イェ」の部分がイメージしやすいと思います。

よって、何となく言えるような気がしますが、

"yi"とは一体。。。

 

私自身、ネイティブの友達に何度も聞いてもらい、

「今は言えてた。」

「今のは耳だった。」

と、判定をもらっていました。

 

そこで教えてもらったコツとして、

「イ゛」と発音することを意識しました。

無理やり感が否めないのですが、

高確率で「年」だと言ってもらえました。

どうでしょうか?

「イ゛」、発音できそうですか?

 

 

文章で表すには限界があるので、

発音のことをブログに書くのはどうかな、

と悩みました。

 

しかし、

日本語にない音を出す練習というのは

根気が必要で大変な反面、

面白いものです。

 

悩みの多い"R"と”L"もですが、

発音が違うだけで、全く違う意味になる。

面白くないですか?

例えば、

"right" (意味:右、正しい、権利、など)と

"light" (意味:光、軽い、など)。

 

日本語でも、アクセントの位置で違う意味があります。

「橋」と「箸」、

「牡蠣」と「柿」などが挙げられますね。

 

言語によって、

発音の特質が異なるという事実を知ることも、

学びの醍醐味かと思います。

 

 

ちなみに、「耳」と「年」ですが、

発音が違っていても

(私たち日本人は大方「耳」と発音している)

相手は文脈で理解してくれます。

 

例えば年齢を言う場面で

I'm 25 years (発音はears) old. と言ったところで、

相手は、

「25個の耳が何だって!?」

とはなりません。

 

あまりにも発音を意識しすぎて、

何も言えなくなってしまうのは元も子もないのですが、

実は違うんだよ、ってことをお伝えしたかった次第です。

 

そしてyearの発音は、私の永遠のテーマでもあるので

改めてマスターしたいなと思いました。

 

気になった方は、

実際に辞書で調べて、

発音を聞いてみてください。

そして、真似してみてください。

 

"ear"=イヤー

"year"=イ゛ヤー

です。

 

本当に僅かな違いにしか聞こえないかもしれませんが、

「あれ?確かに何となく違う!」

と思っていただければ、

今回のブログを書いた意味があったな、

と感じられます。